川越駅西口徒歩2分のカルチャースクールで仲間づくり | よみうりカルチャー川越

10:00~19:30 日曜は15時まで
049-247-5000

お知らせ

江戸・東京の名建築散歩 体験可 見学可

  • 江戸・東京の名建築散歩
  • tokyo2

講座内容

 東京は歴史が浅く、奈良・京都のような「古代建築」はありませんが、江戸期には幕府が建設した「江戸居城」、「徳川家菩提寺の将軍廟所」、「将軍が寄進した根津権現・氷川大明神・王子権現の社殿」、「“天下泰平 万民豊楽”を祈願した浅草寺」などが現存しています。これらは、大工棟梁家甲良・平内氏をはじめとして、神田大工町住人ら、江戸の名工たちの手によって完成しました。
 近代なると、政府は“首都東京”の建築に着手し、西洋建築技術を導入して「官公庁舎・駅舎・大学校舎・博物館」などを建てました。特に、石造建築の「国会議事堂・日本銀行・赤坂迎賓館」は西欧と比べて遜色がありません。これらは、イギリスから招請した建築家コンドルの指導によって、辰野金吾・片山東熊・伊東忠太らの建築家が輩出し、大工棟梁も飛躍を遂げ、近代建築業界が貢献しました。
 文化財保護された建築物を訪ねて、従来のガイドでは軽視された、礎石・基壇・石壁・敷石技法、使用石材、石工などについて紹介するほか、立っている地域の隠れた名所と、歴史を紐解きご案内します。
 野外講座の利点を生かし、聞いたり聞かれたりして、広く深く現地で学びとりましょう。

開講日 第2土曜日《10:30~12:30》 現地集合、解散
スケジュール 3か月《3回》
体験
受講料 2,484円/月
備考

講師紹介

tokyo3

小松 光衛

日本石工調査所(JSF)主宰
日本石仏協会常任理事

 東京には、江戸期を代表する名工たちの手がけた素晴らしい建築物が数多く見られます。また、近代には西欧建築が導入され、優れた建築家が大活躍しました。
 健康を兼ねて、文化財に指定・登録された建築物を訪ねてみましょう。

受講のご案内
本講座の受講をご希望の方は、まずはお電話でご連絡ください。
049-247-5000
【受付】10:00~19:30(日曜は15時まで)

PAGE TOP